薄毛を改善する方法【DHT抑制、血流改善について】

薄毛対策のポイント

男性ホルモン(テストステロン)は男性の薄毛の要因です。。男性ホルモンにはタンパク質から筋肉、内臓を作る働き、体毛を促す働き、皮脂の分泌を促す働きがあります。毛深い人ほど男性ホルモンが多いというのは間違いなさそうです。ただ毛深い人がみんな禿げているかというとそういうわけではありません。



男性ホルモンだけが抜け毛に影響するわけでなく、前頭部や頭頂部に存在する5αリダクターゼと呼ばれる特殊な酵素が男性ホルモンと結びつくことによって生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)が脱毛の要因になります。DHT(ジヒドロテストステロン)は毛乳頭内でレセプターと結合することで、退行誘導因子という物質が生成されます。

退行誘導因子は毛根にある毛母細胞の働きを抑制してしまいます。すると髪の毛のヘアサイクルが乱れ、髪の毛の成長期が短くなり休止期に移行してしまいます。前頭部や頭頂部に5αリダクターゼが多いため、額の両脇から後退するM型や頭頂部から薄くなるO型の薄毛になってしまいます。

薄毛、抜け毛を改善する3つのポイント

5αリダクターゼを抑制
男性型脱毛症の原因は男性ホルモンと5αリダクターゼが結合して生成されるDHTです。DHTが毛乳頭で退行誘導因子を生み出し、髪の毛の成長力は落ちます。そこで使用するのが育毛剤です。育毛剤にはDHT生成の原因となる5αリダクターゼを阻害する成分が配合されています。DHTの生成を抑制することで抜け毛が増えるのを防止します。
血流を改善する
髪の毛の成長には「毛母細胞の活性化」が必要です。そのためには頭皮の血行を促進して栄養をしっかり毛乳頭に送る必要があります。育毛剤には有効成分として「センブリエキス」「ニンジンエキス」など血管を拡張する成分が配合されています。血流が増加することで栄養がしっかり行き渡り、毛母細胞の分裂活動が活性化します。
フケ、炎症を抑制
男性(テストステロン)の働きの一つに皮脂の分泌があります。皮脂が多いと細菌が繁殖し、頭皮に炎症が起こりやすくなります。炎症が起こると痒み、フケと言った症状が起こり、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。毛穴が詰まると毛母細胞の働きが弱くなり、抜け毛が増えます。育毛剤では抗炎症作用のある「グリチルリチン酸ジカリウム」や頭皮を保湿する植物エキスを配合。頭皮環境を改善して抜け毛を予防します。

DHTを抑制する方法

抜け毛の原因と考えられる脱毛ホルモンDHT。 DHTを抑制するには5αリダクターゼを阻害する必要があります。 ここでは5αリダクターゼを阻害する働きのある成分を解説します。



・みかんの皮エキス
みかんの皮エキスには「d?リモネン」と呼ばれる精油成分が入っています。 この精油成分が5αリダクターゼの働きを抑えます。 さらにみかんの皮エキスにはアミノ酸の一種、「アスパラギン酸」がふくまれています。 アスパラギン酸は毛乳頭内に栄養を与え、毛根を活性化します。

・マイタケエキス
マイタケには「βーグルカン」が含まれています。 このエキスは毛母細胞の働きを活性化する働きがあります。 また、「5αリダクターゼ」の働きを抑える作用もあり、 DHTの発生をブロックします。

・フィーバーフュー ハーブ
フィーバーフューのハーブティは薄毛改善におすすめです。 「パルテノライド」と呼ばれる成分がDHTの働きを抑制すると言われています。 またローズマリーにも5αリダクターゼを抑制する働きがあると言われています。

薄毛、抜け毛のほとんどは男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンは特殊酵素「5αリダクターゼ」の影響を受けて活性型男性ホルモン(DHT)に変化します。DHTは毛乳頭内でレセプターと結合して脱毛因子を生成します。この脱毛因子が毛母細胞の働きを弱め、脱毛をひきおこします。

そこで育毛剤やサプリメント、医薬品などを用いて抜け毛抑制、育毛促進を行う事が重要になります。育毛剤に含まれるヒオウギエキス、オウゴンエキス、桑白皮エキスなどの成分が抜け毛対策に有効です。サプリメントにはノコギリヤシが含まれています。医薬品にはフィナステリドを配合したプロペシアがあります。特殊酵素5αリダクターゼの働きを阻害することで活性型男性ホルモン(DHT)の発生を抑制することで抜け毛を予防します。育毛剤のチャップアップやBUBKAにはノコギリヤシや亜鉛などが含まれているサプリメントがセットになっており、非常に売れています。

医薬品のプロペシアには強い効果があります。5αリダクターゼの阻害力が強く、DHTの発生を防止します。プロペシアについては医薬品の為、医師による処方が必要になります。自由診療の為、診察料はクリニックによって異なります。プロペシア自体は1錠250円が基本の価格になっています。プロペシアで注意したいのは副作用です。稀にですが、男性機能の低減などがあります。後、女性の使用はできません。妊婦さんは特に注意してください。子供が男の子の場合、何らかの影響が出る可能性があります。

血流改善作用で薄毛対策

薄毛対策で有効なのは毛細血管を拡張し、血流量を増やす事です。血流量が増えることで栄養分は毛乳頭に運ばれ、毛根の細胞は活性化します。毛細血管を拡張する成分には医薬品扱いのミノキシジルをはじめ、センブリ、ニンジン、ニンニク、ショウキョウなどの生薬エキスがあります。ミノキシジル配合の育毛剤にはリアップやロゲインがあります。国内の正規商品はリアップ、リアップX5になります。リアップX5はミノキシジルを5%配合した商品です。またインターネットの個人輸入などでロゲインなども購入する事は可能です。ただ使用に関しては自己責任です。



ミノキシジルにはリアップのような育毛剤の他に、ミノタブと呼ばれる内服薬があります。ミノタブは国内では認可されていませんが、個人輸入の形で購入する事は可能です。ミノタブは血流改善作用が強く、育毛を促進する力も強くなります。ただ、元々は血圧を下げる薬であるため、低血圧や心臓に問題のある方の使用はおすすめできません。個人輸入の場合は副作用などがあっても完全に自己責任です。

育毛剤などで含まれる生薬にも血流改善作用があります。ミノキシジルほどの強い効果はありませんが、副作用などの心配はほとんどありません。育毛剤はシャンプーをし、タオルドライで水分を拭きとったあとに使用します。薄毛が気になる部分に育毛剤を塗布し、頭部にシワを作るようにマッサージをします。育毛剤は最低でも3ヶ月以上、できれば6ヶ月は使用する事がおすすめです。

薄毛、抜け毛の大きな要因は遺伝です。遺伝には男性ホルモンの量や男性ホルモンレセプターの感受性などが影響を受けます。男性ホルモンが多いと確率的に、薄毛になる可能性が高くなります。 男性ホルモンは特殊酵素「5αリダクターゼ」の影響で、DHTに変化します。DHTは毛乳頭内で男性ホルモンレセプターと結合することにより、脱毛因子が生成されます。

脱毛因子は毛母細胞の活動を弱らせ、ヘアサイクルが短くなります。遺伝の場合は両親はもちろん、両親の両親や兄弟が薄毛の場合も遺伝する事があります。 遺伝による薄毛にはノコギリヤシのサプリやプロペシアなどの服用がおすすめです。特にプロペシアはDHTの生成を強力に抑制し、抜け毛を防止します。医薬品のため、医師による処方になります。また、男性機能の低下などの副作用が一部報告されています。

頭頂部の育毛剤で人気なのはノコギリヤシサプリと育毛剤がセットになったチャップアップやブブカがあります。チャップアップとブブカには返金保証もついています。また無添加にこだわって、頭皮にやさしいので、敏感肌の人でも安心です。

フィナステリド(プロペシア)の効果について



フィナステリドとは男性型脱毛症に優れた効果を発揮する治療薬であり、皮膚科や育毛専門クリニックなどで処方されている医薬品です。 育毛剤といえば従来は頭皮にスプレーするタイプのものでしたが、フィナステリドは錠剤となっていて飲む治療薬です。

・男性型脱毛症とは
男性型脱毛症には遺伝や生活習慣の乱れなどさまざまな原因がありますが、最も大きく関与しているのが男性ホルモンの影響です。 テストステロンとよばれる男性ホルモンが還元酵素5αリアクターゼの働きによってジヒドロテストステロンに変換されます。 このホルモンが髪の成長を妨げると同時にヘアサイクルが乱れ、薄毛などの原因となってしまいます。 私たちの髪は健康な人でも正常なヘアサイクルによって1日に100本程度は抜けるのですが、男性型脱毛症になると抜ける本数がかなり増えてきます。枕の抜け毛やお風呂の排水口に髪の毛が増えている場合は要注意です。

・フィナステリドの育毛効果
フィナステリドは還元酵素5αリアクターゼの働きを阻害する作用があります。 これによってジヒドロテストステロンの生産を抑え、AGAを防ぐことができるのです。 それでは実際のフィナステリド育毛効果はどれくらい期待できるのかというと、脱毛が進行するのを抑える効果はかなり高いようです。 ただし発毛効果に関しては服用している人の6割程度といわれており、なかにはまったく発毛促進の効果がなかったというケースもあります。 つまり単にフィナステリドによる脱毛の予防をするだけでなく、生活習慣を正すなど総合的な観点から育毛対策を行う必要があるといえます。頭頂部が薄いと感じはじめたら、フィナステリド配合のプロペシアを服用するのがおすすめです。ただ、育毛対策には血流改善作用のある育毛剤なども使用する事をおすすめします。